日々のいろいろ綴ります
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
アフリカンダンス
アフリカンダンスってどんな????
と、想像もつかなぃまま、ワークショップへ参加!

おそらく、↑そんな感じで私と同じように、ダンスしたことなーぃけど、行ってみたぃって感じに興味本位で参加してみた人達を含む10数名と太鼓隊と、ゆるりとした感じでスタート☆
Moccoly先生(普段は東京で教えてる)IN 清里

先生の盛り上げもあり、参加者のゆるさもあり、とにかく楽しいワークショップ。ダンスなんてしたことなぃんだけど…。とか、そういうのが、全く気にならなくって、あんなふうに、おもっきり体を自由に動かしたのって、いつぶりなのだろうか…。子供の頃に、遊ぶことだけに熱中したアノ感覚。他の人に見られてるとか、下手だからやだとか恥ずかしいとか、どうでもよくって、踊ることにひたすら熱中。
しかも、踊ってるとニヤニヤしてしまうのが、このダンスの特徴か…。
いや、本能なのかな。踊ることは体のうちから出てくる歓びなんだろぅ。太鼓の音と一体になって動く気持ちよさに体を委ねる。

おかげで次の日は、筋肉痛。肩甲骨が特に痛かった。
ちょうど肩こりで固まったエネルギーが動かされて、よい感じ!

頭でごちゃごちゃ考えるのはさっさとやめて、とにかく踊れ。
spirit comments(5) trackbacks(0)
伊那谷の老子
加島祥造さんは、一人暮らしで長野県の伊那谷に住んでいる。
81歳で、ほんとうに元気で楽しくお洒落で、正直な魅力的な人。

夕暮れのやさしさの絵をたくさん。
あたたかな光。

「アウェイアネス」について文章を書いていた。

私達はどれだけ目覚めた状態で行動しているのか。
朝のひとときについて、どれだけ惰性で行動しているのか。
自分が何をその朝したか、ちゃんと事細かに覚えているか。

私の近頃は、慌しく何かに焦っているようで、ゆっくりじっくり味わう朝の
時間を持てていない。朝の光を浴びて伸びをしたり、小鳥達の歌声に耳をかたむけたり。
珈琲を味わって、朝の冷たい空気に身をよせてみたり。
アウェイアネスの状態でいること。例えば、珈琲の味にどれだけ集中しているか。ぼんやり目先のことを考えていたり、過去のことにとらわれていればそれはアウェイアネスの状態ではなぃ。

生きている時間は短い。短いからこそ大切なモノ、ここにいることを一瞬一瞬味わって。
spirit comments(0) trackbacks(1)
時計とか暦とか
時はいつでも過ぎ去り、だんだんとゆるやかに年をとっていく

時計の針が進むから時間は過ぎるの?

楽しい時間はあっという間に過ぎ去る
退屈な時間はヒドク長くおもえる
1年の速さは、子供の頃に比べてはやくなっている

時間は一定に過ぎ去るものではなぃらしい
私が時計を見て認識している時間は膨らんだり縮んだりする

4次元5次元空間では時間という認識はなぃらしぃ
だから創造したものはすぐその瞬間にできあがる

ここの3次元でも、誰かが想像したものは、タイムラグがあるけれど
ちゃんと完成する。(例えば、建築家が想像したモノが、何ヵ月後かには、ちゃんと建っている。)
だから一人一人の想像すること(思い)は、実はすっごぃ重要で、私達が思うことはある意味実現してしまぅ。

話を元に戻して、時間の伸縮について。

時間ていぅ概念をすっかり取り払うことは、日常生活を営むのに大分支障があるから、難しいかもしれなぃけど、時間についての認識をかえてみる

楽しい時間が、なるべく長くなるように。
もっと時間を膨らませてもらぅように。たぶん、時間っていう概念そのものをとりはらってしまえば、時に支配されることもなぃ。

体内時計とか感覚をもっと信用して、時計ははずして、ゆるりと生きる。

spirit comments(0) trackbacks(0)
宇宙を漂う惑星
マヤの不思議の本を読んでいる

宇宙の不思議について思いはせる

宇宙は、真空空間ではなくって、ゴミやガスや放射線みたぃなチリにまみれているそうで、その総量は、地球やらの惑星や恒星すべての総量よりも多いらしぃのです。

宇宙は海で、地球はそこを漂っている生き物だとしたら、人間は微生物みたぃなモノ?宇宙は箱庭みたぃなもので、もっともっと大きい存在がいるのかもしれなぃし。
やたらに自分がちっちゃい宇宙の一存在でしかなぃと考えてみる。それは、私の気分を楽にして、ちっさな悩みごとや私だと思って固持しているモノやら全てを手放して、宇宙の海の波にまかせて漂っていればいいのじゃなぃかという気持ちがしてくる。

大きな流れのなかのほんの一瞬を生きている。
今苦しい部分があったり、どうしようもないことが自分の周りにあったとしても、それは宇宙の流れのなかのほんの瞬きのできごとで、ひろい視野をもってみれば、安心して身をおいて大丈夫。
spirit comments(0) trackbacks(0)
大麻について
麻ことのはなし―ヒーリングヘンプの詩と真実
麻ことのはなし―ヒーリングヘンプの詩と真実
中山 康直

大麻を研究している中山さんの本です。
大麻というと麻薬という認識が一般的だと思うのですが、地球の資源になる環境植物として、また、医療や健康食品として、大変に役立つらしぃのです。すでにヘンプカープロジェクトでは、ヘンプ(麻)から抽出したオイルで日本縦断を成功させています。ヘンプオイルは空気を汚さないし、麻は一年草で、農薬や肥料も必要なく毎年すくすくと育ってくれる植物です。

現在は、麻は栽培するためには許可が必要だけれども、紙や繊維、建材、プラスチックに加工することもできて、多くの面積で栽培されるようになれば、かなりの植物資源となりえるのです。
古代文明や宇宙の話、日本文化や言葉とまじえて、大麻について深く深く深く研究してぃます。

なんで、こんなにも素敵な植物が封印(法律によって禁止)されてぃるのだろぅ。もちろん、薬物効果を懸念してぃるというのはわかりますが。(ただし、他の科学薬物と違い常用性もなぃらしぃ)
この本では、その謎についても詳しくほりさげてぃます。闇の時代。

最後の章の、「未来文化と大麻のはなし」は、素晴らしくてこれからの地球のたくさんの光りについて書かれています。

2012年マヤ歴の終了。
私達は、とてもすごぃことを体現するためにここにいる。
なんだかとてもワクワクします。
そして、相変わらず、迷ったりもしてぃますが、真実(麻こと)を生きていくこと。
spirit comments(2) trackbacks(0)
体の気持
最近、PCの仕事も多く、肩や背中が凝ってる。
マッサージチェアがうちにはあるので、15分の幸せをかみ締めるけど、人の手には勝てないし、生活習慣が変わらないと凝りはいつだって繰り返しやってくる。その習慣を手放すことが必要。

体に無理がかかっているっていうことだから、もっと体を可愛がってあげないとなぁ。音楽に反応して踊りたがっている。ゆらりと揺れたり、手を降りまわしたり、くるくる回ったり、気持いいダンス。自由な気持で。

音に包まれてダンス。

フィッシュマンズを聞きながらユラリ揺れるのは、体が喜ぶ。音に癒される瞬間がフィッシュマンズの音楽にはある。どぅいう訳だかわからなぃけど。ダブのリズムが私にあっているからなのか、佐藤伸治の力なのか、わかんないけど、とにかく聴くのをやめられなぃ。今、私の体が要求している。

ゆるく平和な歌ばかりを歌っているなぁ。フィッシュマンズ。
spirit comments(0) trackbacks(0)
全ては完璧に動いている
一見、悪く思える出来事も後からみれば、結局はよかったということがある。
宇宙は全て完璧に動いていて、私達は安全な場所にいて、全てが上手く動いている。宇宙には、間違えだとか失敗はなく、もたらされる出来事全ては、
完璧な時に訪れている。

なんにも心配しなくて大丈夫。

苦しいときには、どうしてこんな目にあうのだろうかと恨めしくおもったりもするけれど、時はいつでも流れ、そこにとどまることはない。美しい時も哀しい時も苦しい時も楽しい時も平等に流れていく。

宇宙を信頼し全てを任せれば、なにもかもがもたらされる。
どんなときにも私はここで全てを見守っているから。
安心して大きく息を吸おう。
spirit comments(0) trackbacks(0)
宇宙はひとつ
自分がやりたいこと。自分のやらなければならないこと。
必ずしも一致しなぃかも。

今ここで私がやるべきことは、使命(というと大げさのようだけど)みたぃなもので、損得とは別に私がやりとげるべきことのような気がしてぃる。それは、私自身というよりは、宇宙の一部として。役割のようなもの。そこに何があるのかはわからなぃし、なんのために動いているのかわからなぃけど。突き動かされ、自分の意思と反して頭より体が先に動く時期というのがあるのだろう。

社会的な目線で高度経済主義に基づいて考えれば非生産的で、ひたすら奉仕していることになるんだけど。

宇宙はすべてひとつ。部分としてそれぞれが様々な働きをしている


大丈夫 直感に従って進もう

固くなった頭や心に太陽を

Love and Light
spirit comments(0) trackbacks(0)
大地につながる
ずっとPCの仕事やらやらないといけなぃ仕事に追われていたので、夕方に公園に行って散歩した。のんびりする時間はやはり必要みたぃだ。

芝生のうえを裸足で歩いて、伸びしたり、遠くを見たりしていた。足に触れる芝生の冷たさが気持よく、大地からエネルギーをもらってぃると感じる。自然から受け取るものはたくさんあって、ときどき木々が話しかけているように思う。あったかい言葉。自分の体のいうことに耳をかたむけ、敏感になって、体の喜ぶように。軽い運動は、気持ちよく、唄ったり好きなように踊ったり、回ったり、動いたり、揺れていたり。自分だけのやり方をみつけて。

今日も眠りの海へ…
spirit comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/2 |