日々のいろいろ綴ります
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
珈琲講習会
 

ウタリでは おいしい珈琲をだしたい!! と おもい

いつも おいしい珈琲を 淹れてくれる お蕎麦やさんであり 珈琲焙煎屋さんである 森乃珈琲 KO-TAYA  の こーたを招いて

ウタリ珈琲講習会を ひらきましたー

こーたくんは ほんとに おいしい珈琲を 淹れてくれます
お蕎麦も すごく おいしい





珈琲の歴史からはじまり

いろんな珈琲を飲み比べたり

淹れ方についてレクチャーをうけたり

しながら  ウタリの カレーに合う ウタリブレンドの 開発へ向けて
いろんな おしゃべりしながら すすみます

挽きたての新鮮な珈琲は お湯をそそぐと ふくらみます

それが とてもカワイイ☆





KO-TAYA の クリスマスのギフトセットのケーキとクッキーも 持ってきてくれました

とてもおいしくて 珈琲にもあう! ということで こんど出店する 神楽坂フラスコでのイベントにも
一緒に並べさせてもらうことにしました


おいしいよーー


彼の手にかかると なんでもおいしい そういう手をもったひとだとおもいます
珈琲も もちろん KO-TAYA の 豆をつかった マンデリン をお出しします

この日 ウタリ特製の さつまいも&ココアタルト の試作も 完成しました☆


ちゃくちゃくと 出店準備がすすんでまーす
おたのしみに!
ウタリ comments(0) trackbacks(0)
あわのほしまつり
 

12月11日12日
あわのほしまつりに 出店しました
とてもよかったです

ともだち ジャスミンの 企画した素敵なおまつりでした


たのしかったー

奄美芭蕉布再生プロジェクト という 芭蕉布を再生させていく活動への応援イベントです


まえまえから やりたかった 芭蕉の糸を績む うーうみ(苧績み) のワークショップに参加して

かわいい糸を 績みました

いろんな 場所から ともだちが きていて ひさしぶりに再会したりと うれしいことばかり



お寺のなかの畳のひろいお部屋で みんなつくえを並べて出店したのも いいかんじ
に のんびり

ふつかめの夜には アマミ舞 や 清火くん のりおくん 小嶋さちほさん のうたと続き ほっこり

さちほさんの声がきれいで美しくて なんだかなんだか とても 泣けました 

そのあと さちほさんのうたで舞う 日本舞踊の 花柳鶴寿賀さんは美しくてたのしくて









さいごには みんなで わいわいやんやん踊ってうたって終わりましたー





奄美に行ったおともだちは 昔の日本の風景 なつかしいような気持ちがすると
よくいいます

なんだかそういう 懐かしくて 愛おしい 気持ちになってしまって
同窓会のような
よくぞ はるばる ここまで きたねぇとおもったりしていました

またどこかで!
その日まで つよく美しく生きられるよう☆
日々 comments(0) trackbacks(0)
透かし模様キャベツ
IMG_6807.jpg


穴だらけのキャベツ
お手伝いしている福祉作業所の畑にて


なにしろわたしが 指導員(?)の畑ですから いろいろほってあります


レースみたい光の模様で うつくしい



だけど いもむしもこぞって食べる おいしいキャベツ
やっぱりじぶんたちでも食べたいねぇと


IMG_0073.jpg



みんなで 芋虫をとることにしました
ミドリ色のブロードのような質感をした 紋白蝶の幼虫

かわいいです
 
とってもとっても でてくる でてくる 50匹くらいは つかまえたかなー


IMG_6807.jpg


作業所の畑チームの大人たちは いつも子供のように無邪気です
このときも みんな いろいろ 騒ぎながらも 無心に虫捕り

いたー! ここにもいたー! と 大きな声をあげながら

こちらも みなさん かわいらしく

こころが ほっかり


そして 捕獲された芋虫たちは 一緒にお手伝いしている Yさんの おうちのお庭へと ひっこしていきました  
このなかからも モンシロ蝶になれるのは 数匹ではないか とのこと

みんな 無事に ちょうちょ になって 旅立ってくれるといいなーー


 comments(0) trackbacks(0)
あわのほしまつり
12/11,12日に 「あわのほしまつり」 に 出店します

奄美芭蕉布の再生と日本文化の復活をテーマにし 素敵なおまつりになるとおもいます

繋がりに感謝です

芭蕉の糸紡ぎワークショップ参加したいな


下の文章からの抜粋ですが

奄美に自生する芭蕉の糸には、見えない世界と見える世界を結ぶ力があります。今からはじまる芭蕉の伝統の再生のプロセスは、見えない世界を感じながら生きていく生き方を取り戻していくことと同じです。 (奄美再生プロジェクト実行委員会 事務局長 田町 まさよ )


布をつくるというのは とてつもない作業で 手紡ぎ手織りの布は 驚くほどエネルギーがあります

その作業はとても神聖なもののようにおもいます
見えない世界と見える世界を結ぶ・・・ 納得しました

そのほかのワーク、トーク、音楽、出店者さん みんな すごく素敵な方ばかりです

お寺も 素敵ですよー 入場料は無料です

ぜひ 遊びにきてくださいね



******あわのほしまつり******
みんなそ(素)のまんま計画


日時:2009年12月11日(金)12日(土)

◎◎◎入場無料◎◎◎

出展ゾーンは17時終了

プログラムは一部有料となります


場所:本應寺(ほんのうじ)/栖岸院(せいがんいん)
   東京都杉並区永福町1−7−2
   03−3321−7860(本應寺)
   京王線下高井戸より4分 井の頭線永福町より7分


太古の昔
やまとことばが乱れた時代
世をなおすため
伊弉冉尊と伊弉諾尊がうたったといわれる

あわのうた

どこからうまれ どこへ還る
あわのほし=地球にあるわたしたち
いまこそ日本文化再生の時
古来からの智慧をいかしていこう


○●11日●○

11時     open

        ひらきのLive 無料
        国指定重要無形民俗文化財”平瀬マンカイ”/来夢/清火 ほか

11時30分 芭蕉布ワークショップ 2000円 ※20名限定 要予約
        "天地を繋ぐ芭蕉の糸を紡いでみよう"

14時     座談会&Live"奄美芭蕉布の再生と日本文化の復活"1500円
        トーク:田町まさよ/中山康直/花柳鶴寿賀
        うた:ミネハハ マブリ(タナカアツシ×奈良大介)

17時30分 勤行
        心鎮まるひとときを・・・ご一緒しましょう

19時    座談会&Live "愛ってなんだ?" 1500円
        話の展開はころがるころがる♪何でもありのスペシャルトーク
       トーク:中山康直/ふなはしひとはな/椎野まりこ/宮崎雅子
       うたと舞:Sayoko×善財和也/福島まゆみ×善財和也/花柳鶴寿賀/アマミ舞

一日券4500円


○●12日●○

11時〜    open

11時15分  座談会"奄美芭蕉布再生とここからはじまること" 1000円
         田町まさよ/龍村ゆかり/花柳鶴寿賀

14時     小嶋さちほ&アマミ舞コラボワークショップ 3500円
        本来の魂の音を奏で舞うことで天地を繋ぐ軸となる
        小嶋さちほ/花柳鶴寿賀/佐々木恵美子

17時30分 勤行

        お寺の中心となるお念仏と瞑想の時間です

19時     むすびのライブ 1000円
        小嶋さちほ/花柳鶴寿賀/水野俊介/佐々木恵美子/入江規夫/清火/アマミ舞

一日券5000円

※なるべくご予約ください
※単発参加と全部に参加できるお得な一日通し券があります


あい まい みー あ・ま・み!!!

〜奄美芭蕉布の再生と日本文化の復活〜

東京から約1,200km、年間約3,000mの雨が降る亜熱帯気候の奄美大島。

この島に住む人たちは、見えない世界を感じる心と体を持ち、自然の中で、自分がどのように生きていけばいいか良く知っていました。月のリズムで暦が進むこの島では、月と潮の満ち引き、そして、天気に応じてその日の仕事が決まり、仕事の際には仕事の唄を、仕事が終われば恋の唄を、お祝い事があれば祝唄を、別れのときには別れの唄を、作物が実れば感謝の唄を、言霊にして、世界に解き放ちます。

新しい命が生まれれば、集落全部でお祝いし、去りゆく命は、やさしく土に還し、その命はやがて大きな木や森になって、シマや子孫を守ってくれます。何か悩み事があれば、先祖に語って元気をもらい、病気になれば、森や海に行って、力を回復させていました。見えない世界を忘れないように、ケンムン*たちが時々人間にいたずらをして警告を与えてくれていました。

いつの間にか、唄は生活から少しずつ切り離され、便利で簡単に手に入るものがどんどん島に入り、森やサンゴは静かにけれど着実に姿を消していき、自ら命を絶つ人たちが増え、気付かないうちに、ケンムン達に会うことはほとんどなくなってしまいました。けれども、今ならまだ間に合います。見えない世界は、まだきちんとこの島に生きています。それを感じて生きている人たちもまだなくなってはいません。地球がもしかしたらなくなってしまうかもしれないそんな時代に、この島にまだ生きている見えない世界を守り伝えることは、どうして生きていけばよいか分からなくなってしまっている人たちの心に小さな明かりをつけることができるかもしれません。

だから、私たちは、この島のことを大事にし、発信していきたいのです。

奄美に自生する芭蕉の糸には、見えない世界と見える世界を結ぶ力があります。今からはじまる芭蕉の伝統の再生のプロセスは、見えない世界を感じながら生きていく生き方を取り戻していくことと同じです。

"かみさま"の声を誰もが聞き、そしてその声に従って生きていく世の中が再びやって来ますように・・・心からの祈りを込めて、このプロジェクトを始めたいと思っています。

今、みなさんが住んでいらっしゃるその場所で、できることから一緒にはじめませんか?

皆さんの参加をお待ちしております。

奄美再生プロジェクト実行委員会 事務局長 田町 まさよ

 

●○●○●○● 応援します!!! ●○●○●○●

*奄美芭蕉布再生プロジェクト〜2010年1月17日〜2月7日奄美で行われるイベント"神への祈りと島のリズム〜石垣昭子作品展"に向けてのサポーター募集

*2010年2月22日Start!奄美・加計呂麻島・弓師山から始まる全国の聖地・霊地 舞で繋ぐ旅(花柳鶴寿賀)

*加計呂麻島・弓師山の整備と自然神の復活



○出演予定者

田町まさよ(奄美芭蕉布再生プロジェクト/奄美大島在住)
http://plaza.rakuten.co.jp/loveamami/

花柳鶴寿賀&アマミ舞
http://plaza.rakuten.co.jp/amamimai/

小嶋さちほ(音魂瞑想、ライアー)
http://www.songstar-donto.com/family.html

中山康直(縄文エネルギー研究所)
http://www.yaei-sakura.net/lecturer/y_nakaya.html

ふなはしひとはな(尾張 はなかめ庵)
http://www17.ocn.ne.jp/~hitohana/index.html

龍村ゆかり(地球交響曲プロデューサー)
http://www.gaiasymphony.com/

佐々木恵美子(クリスタルボール)
http://www.motherplanet.jp/

Sayoko×善財和也(うた)
http://www.alte.com/sayoko/#

ミネハハ(うた)
http://www.minehaha.com/

マブリ(奄美島唄)
http://www.asahi-net.or.jp/~rr4a-tnk/index.html

水野俊介(ウッドベース)
http://www.iris.dti.ne.jp/~mizunos/index-j.html

椎野まりこ(まんまる助産院助産師)
http://www.manmaru-jyosanin.jp/

宮崎雅子(写真家)
http://www015.upp.so-net.ne.jp/m-miya/

福島まゆみ(インド舞踊オディッシィ)
http://www.surya-odissi.com/

清火(うた、ホーミー)
http://kazeture.exblog.jp/

入江規夫(奄美島唄/沖縄島唄)
http://d.hatena.ne.jp/kannon206/

来夢(オカリナ)      

&飛び入りゲスト!!!あるかも♪ないかも♪♪



○出展予定者

民恵美子(画家)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~emiko-tami/index.html

くさうた(草木染)
http://tinysheep.jugem.jp/

安中小織(ねんど)
http://emcopain.jugem.jp/

ふなはしひとはな(はなひょうたんランプ)
http://www17.ocn.ne.jp/~hitohana/index.html

藍の木(アート、ボディーワーク)

まんまるおやつ(ナチュラルスイーツとお茶)

アイテンネンセキ&ビーズ(天然石アクセサリー)

蒼空屋(タイ式マッサージ)

しゅるてぃ屋(ナチュラルスイーツ)

ミチユウ(インド占星術)
http://maitrii.web.fc2.com/

のの(アロマ&ポラリティセラピー)

yuca*(ベジタブルスイーツ)

翠のひかり(マイ箸、コードウッドランプ、キャンドルホルダーほか)
http://mtack.jugem.jp/

MAUKO PIRIKA(自然素材のハンドメイド衣類、小物、アイヌ刺繍、草木染め、タイ"夢を織る家"製品)

Mother Planet(アクセサリー、ヒーリンググッズ)
http://www.motherplanet.jp/

Sarah marina(フレグランスリーディング、レムリアンクリスタル)

ひろみ整体(ゆるゆる気功整体、クラニオセイクラル・セラピー)

翠葉工房(うつわ、陶芸のアクセサリー)

Natural Sweetsつむぎ(焼き菓子、おむすび)
http://blog.goo.ne.jp/tsumuguitar/

ドウグヤタサキ
http://watei.or.tv/
http://watei.or.tv/0900-index.html

ミトス☆mito
http://plaza.rakuten.co.jp/rinrinranran40/

祥(彫金、天然石アクセサリー)

ゆかり(鼻笛)

オーガニックカフェ木火土金水(ココナッツカレー、リンゴジャム、パウンドケーキなど)
http://blogs.yahoo.co.jp/ogcmkdks

good-sun(手作りお香体験教室)
http://www.ultraman.gr.jp/~shalom/

天地七億色*あめつちなないろ(Hempアクセサリー)
http://plaza.rakuten.co.jp/moon1210/

アマミ舞("あわうた""君が代"を唄い舞うワークショップ)
http://plaza.rakuten.co.jp/amamimai/



*ドネーション大歓迎です
*売上金は芭蕉布再生プロジェクトに寄付いたします


主催:あわのほしまつり実行委員会

お問い合わせ・ご予約は・・・lovely-days@live.jp 080-5008-4621
http://plaza.rakuten.co.jp/moon1210/

協力:アマミ舞事務局 amami-mai@live.jp
http://plaza.rakuten.co.jp/amamimai/



愛コトバは♪♪"必要なものを必要なぶんだけ"それが地球のリズムでいきる方法  
出店情報 comments(0) trackbacks(0)
音の洞窟
11/14 下北沢気流舎にて
音の洞窟を探検したよ


IMG_6807.jpg



清火くん とらるふくんのライブに さおちゃんとわたしが出店しました

さおちゃんが 清火&らるふくん人形をつくってきた
あたまに鳥がのっている のんきだなー さおちゃんの作品は 気流舎に馴染んで

本棚や机に並べた瞬間からまるで むかしむかしからそこに暮らしているような顔して
寛いで 存在していた

らるふくんの口琴は 不思議にやわらかい
いまは会えなくなった人 遠くにいる人にもかならず 届く やさしい音


IMG_5249.jpg


清火くんのうたは 遠い昔にどこかにおいてけぼりにしてきた 感情の記憶を揺り起こすよう
彼のうたや生き方に  心にくつくつ と火が灯り
すすむべき道が てらされた ふーん すごいなぁ


清火くんのうたには 旅の体験 がおおくて
テントのなかからみた風景とか 心持ちとか そんな言葉に
わたしのなにかが反応するよ

急にドキドキザワザワしてくるのは なんでだろうー っていつもおもってた

テントから見る風景
土のうえに寝るかんじ
じぶんサイズな感じが これからどんないちにちになるのかワクワクするかんじが 好きなんだ

やっぱり 次の夏にはテント担いで旅にでよう

IMG_0073.jpg


ほー と気流舎の黄色い光も手伝って

すっかりおとぎの国にいるような ふしぎな気持ちになって

プカプカ漂う一夜を過ごしました


一緒のじかんを過ごしたみなさん ありがとう♪ 
日々 comments(0) trackbacks(0)
「音の洞窟」  清火&らるふ 

11月14日 清火&らるふ  下北沢 気流舎 「音の洞窟」

そこに ちいさく出店します


わーい



気流舎は とても ちいさく かわいい 古本カフェ(洞窟)です

そこで 清火くんのホーミーと うた
らるふくんの 口琴が

響きわたるよー


そりゃぁ 洞窟中 が音になって 音が洞窟に浸みこんで
ついでにカラダの洞窟も 倍音で ゆすられて   気持ちいいに違いない


2009年11月14日(土)19時〜
入場無料(ドリンクオーダー+投げ銭歓迎)


清火(サヤカ):
旅する歌うたい。
地球各地を旅して拾ったものを歌にしてみんなに届けている。
歌、ギター、ホーミー(モンゴル式倍音唱法)でオリジナルソングを演奏。
1971年京都生まれ、男。
blog「カゼツレ」:http://kazeture.exblog.jp/

らるふ:
口琴生活者。日本口琴協会会員。
2003年から2004年にかけて、
元村八分の渡辺作郎(カント)氏主催の音楽集団
「山脈ズ(●▲■)」にて口琴及びヴォイスとして活動。
2007年8月、日本口琴協会第50回定例会にて単独ライブを行う。
2008年10月、国際口琴フェスティバルin東京に出演
実はあんまりがんばりたくないです。



とにかく ちいさなお店なので 出店は どうなるのか さっぱりわかりませんが…

ちなみに 気流舎ワンドリンクオーダー制で チャイが美味しいです♪

出店情報 comments(0) trackbacks(0)
Antaru festival 終了しました
IMG_6807.jpg

11/7、8 代々木公園の Antaru Festival 二日間ともよい天気で 気持ちよかったです

来てくださったみなさん ありがとう

のんびりおおらかで どことなく都会的でなく ゆらり 宙をただよう  素敵なお祭りでした

主催者さんの ガーナのオランドさん の人柄がにじみでているようなイベントです
今回で2回目だそうですが 3回目にも 期待しています

ステージでは
カポエラに あまりの動きのしなやかさと美しさに釘付けになり 大ファンに

一緒に出店していた みんなやお客さん と おしゃべりして 笑って

たのしいなぁ


だんだん だんだん 寒くなるけど

やっぱり 野外は いいな


 

色づきはじめた木々

青い空のした秋風ふくふく


そして 土曜日の夜には 遊びにきてくれた 平魚泳くん が 渋谷センター街で
路上ライブを するというので 見にいきました


さかな君のライブを見たことは なんどもあるけれど
路上では はじめて

シャッターの閉まったお店の前で タイコとウクレレをとりだし
うたいはじめる



いろんなひとが とおりすぎるよ

酔っ払いの学生たち サラリーマン ひとりぽっちで歩く人 恋人たち
おじいさん おばあさん ギャル 外国人


足をとめるひと 一緒にうたうひと 


さかなくんのパフォーマンスにおもわず笑顔になるひと 歌に心をほっこりさせるひと
いろいろ いろいろ な 感情が とおりすぎる

おもしろい


さかなくんは 音楽が大好きで 旅をしたり ライブハウスで演奏したり 路上でうたったり
音楽の力を信じて ひとに笑顔をとどけている

やさしくて 本気で 心の小さな片隅にいつまでも居つづけて
ちいさくとも明るい火を灯すような音楽


いつだって わたしは さかなくんが この広い宇宙のどこかで 音を奏でていると
おもうと

元気になって まっすぐいようと おもう

タイコさかなくん
http://www.youtube.com/watch?v=QM2WtVZRoeA
ウクレレさかなくん
http://www.youtube.com/watch?v=-epBZRG_3-k


さてー 生まれたからには まっすぐ 生きるぞ☆

出店情報 comments(2) trackbacks(0)
Antaru Festival
 あしたあさってと Antaru Festival に出店します。

11/8,9
代々木公園
10:00~17:00

またまた 大好きな森のある代々木公園


***


とにかく集まってみよう!

Antaru festival はそんなお祭りだそうです

国境を越えて、人種を越えて、文化を越えて。
そして歌って、踊って、交ざり合って。
みんなで一緒に楽しんで、
素敵な時間を創ってみませんか?
(HPより抜粋)


阿佐ヶ谷にある Antaru cafe 8 というお店のガーナ人の方が 主催のイベントで

出店申込みから メールのやりとりをさせてもらっていますが
なんだか とても あたたかく丁寧で うれしくなります


きっと あしたあさっても そんなあったかな雰囲気のイベントになるのではないかなー

今回はのんびり 地面に コロンと 座りこんで お店をひろげます

さおちゃん や はんこ屋さんの まなちゃん も一緒です

出店情報 comments(0) trackbacks(0)
ネコ世界
 


階段をヨレヨレと くだっているとちゅう 急に視線を感じる

ふりむくと 見つめているキラリと光るふたつの目

ネコ世界と ニンゲン世界が交じり合う瞬間
日々 comments(2) trackbacks(0)
アースガーデン -- ありがとう --



アースガーデン 無事 終了しました


来てくださったかた 立ち寄ってくれたかた ありがとうございました


ともだちも 入れ替わり立ち代わり 会って 笑って 和んで たのしかったー


ひさしぶりに会う友も 多く 会えて ほんとに うれしかった

いつのまにか 日々を重ねて

たくさんの出会いを 重ねて みんなに支えられて ここにいること


改めて 気がついて こころがホカホカと 感謝の気持ちでいっぱいになりました


次回は   ANTARU FESTIVAL に 出店します

2009年11月7日(土)、8日(日)
代々木公園イベント広場&ケヤキ並木
日々 comments(2) trackbacks(0)
<< | 2/16 | >>